後遺障害の等級認定を受けるには

後遺障害等級認定

もし不運にも交通事故にあってしまった場合、その後の後遺障害の程度によって、等級認定を受けることが出来ます。この等級によって、保険金の請求額も違ってきますし、加害者から損害賠償を受ける場合にも違いが出てきますので、しっかりと正確な認定を受けるようにしなければなりません。それによって、きちんと治療に専念出来るかどうかにも影響してきますし、事故の後の生活にも関わってくるのですから、しっかりと等級認定を受けましょう。

その方法には、

  • 【1】事前認定
  • 【2】被害者請求
  • 【3】専門家への依頼

と、大きく分けて3種類あります。

事前認定とは?

【1】の事前認定とは、加害者側の保険会社に手続きをしてもらうというやり方です。損害保険料率算出機構や自賠責損害調査事務所などに必要書類、証明書等を提出し、等級認定をしてもらいます。等級が決まると、それに応じて賠償額が提示されます。この方法は、手間がかからず楽ですが、被害の度合いを低く見積もられてしまう危険性もあります。

被害者請求とは?

その反対に、【2】の被害者請求は、被害者自身が自ら書類等を用意し、加害者の自賠責保険会社に提出するというやり方です。子のやり方ですと、被害の度合いが正確に提出されますし、自ら書類を検討できるので安心です。しかし、自分でやらなくてはいけないので、労力がかかってしまうのがデメリットです。

弁護士相談

【3】の方法は、このような書類に詳しい専門家に一任して、申請をやってもらうというやり方です。後遺障害のことについて、自分よりもずっと詳しい専門家ですので、安心して申請書類を任せられますし、自分は何もしなくていいので楽です。しかし、それなりの料金がかかってしまいます。

どの方法を選んでも、メリット、デメリットがそれぞれありますので、ご自身に一番合っているやり方を選べば良いのでしょうが、後々のことを考えると、【2】被害者請求か【3】専門家への依頼かのどちらかにした方が良さそうです。専門家にお願いすると、料金を支払う必要はありますが、もしもそのお陰でその後の賠償額が大きくなるのなら、そちらの方が結果的には良いですよね。

後遺障害の認定を行う場合に極めて重要になってくるのが、被害者の後遺症についての医療調査です。この調査によって、認定の結果に大きな違いが出てくるようですので、しっかりと調査する必要があります。ですから、もしも専門家に依頼をする場合には、この医療調査について詳しい団体を探してみると良いかもしれません。