むち打ちの後遺障害認定

むちうち

後遺障害とは?

交通事故によってむちうちの症状が出てしまった場合ですが、自賠責保険でいうところの後遺障害として認定してもらえる可能性があるものの、実はハードルはかなり高いとみたほうがよいといえます。この後遺障害というのは、医療を続けてもそれ以上は改善する見込みのない症状が心身に永続的に残ってしまう、症状固定とよばれる状態に至ったことを指しています。

ただし、同じ後遺障害とはいっても、症状が発生している身体の部位や、その深刻さの程度といったものはかなり異なっているはずですので、あらかじめ国が示した一定の基準にしたがって、具体的な保険金の金額などを決定することになります。そのためのものさしとして利用されているものが、後遺障害等級とよばれるものであり、医師の診断書などの客観的な証拠をもとにして、損害保険料率算出機構が審査を行い、後遺障害認定とともに等級の判定を行っています。

後遺障害認定は弁護士相談

こうした後遺障害についてですが、典型的なものとしては、交通事故によって上肢や下肢を切断してしまったといったものがあり、これは誰の目から見ても身体障害者手帳の交付が受けられる程度の、かなり重度な後遺障害が発生しているケースといえます。このようなケースであれば、等級としては最高位となる1級の認定を受けることになり、以後の治療費は保険金からは支払われない反面、慰謝料や逸失利益といったものにあたる金額を受け取ることができるようになります。

いっぽう、むちうちというのは、等級としては最下位にあたる14級に該当するものですが、その症状は首筋や肩にかけての痛みやしびれといったものから、吐き気や気分の変調までを幅広く含むものであり、しかも本人の主観的な感覚をもとにして診断をせざるをえないという特徴から、後遺障害認定が得られにくいのが実情です。

もしも後遺障害認定をめぐってこうしたトラブルがあった場合は、法律の専門家である弁護士の法律相談を受けて、後遺障害認定を勝ち取るためのプランについてのアドバイスを受けておくのがよいといえます。弁護士の業務は法律全般であるとはいっても、当然ながらそれぞれの得意分野というものがあり、なかには交通事故のトラブルに強い弁護士、法律事務所も存在しています。できればそうしたところを探して相談をするようにすれば、新規の申請の場合、認定がされなかった場合の不服申立ての場合のどちらであっても、適切な道筋が確認できるはずです。