後遺症と後遺障害の微妙な違い

交通事故にあった時に後遺症が残る可能性があると診断されることがあります。この時に後遺症あるいは後遺障害という言葉が使われますが、この2つは同じ意味で使われていると考えられがちですが、実が違いがあります。

後遺症と後遺障害とは?

まず後遺症とは治療を継続しても完治することがなく、将来的にも回復することが見込めない場合もしくは精神的な症状などが残っている状態のことをいいます。そして後遺障害とは交通事故によって受けた傷がその後治療を継続しても状態が変わらず、しかも労働能力までもが喪失した状態のことをいいます。つまり後遺障害は後遺症の一種であり、障害として等級認定されているものをさすということになります。事故に巻き込まれたという状態であれば損害賠償を請求することも可能です。

ちなみに後遺症が残ると言われたからといって必ずしも補償対象になるわけではなく、障害認定されるかどうかは裁判で裁判官によって判断されるものです。主治医が判断するものではありませんから理解しておきましょう。後遺障害であると認定されるためにはやはり専門的な知識が必要となりますので、専門の弁護士に依頼するのが良いです。認定を受けるためにはまず弁護士に相談し、医師のもとで治療を継続しつつ、徹底した検査もしてもらいます。そして後遺障害であるという診断書を書いてもらう必要があります。そして等級認定機関に等級の申請をします。早めに弁護士に依頼したほうがいい理由は交通事故直後のほうが事故との因果関係を立証しやすいからです。直後であれば障害の等級認定を踏まえたアドバイスをもらうことも可能となります。

損害賠償とは?

この損害賠償賠償金には2種類があります。1つは後遺症逸失利益、そしてもう1つは慰謝料です。慰謝料については例えば第1級であれば自賠責の基準は1100万円、裁判基準では2800万円となっています。逆に第14級であれば自賠責は32万円、裁判基準は110万円です。加害者の加入する保険会社は自賠責基準をもとにして慰謝料を出してきますが、弁護士に任せれば裁判基準となります。つまり弁護士に依頼するかどうかによって全く慰謝料の金額は違ってくるのです。場合によっては2倍以上になることもありますので、適切な賠償を受けるためにも弁護士に依頼することは重要なこととなってきます。まずは相談をしてみることから始めると良いです。無料相談を受けているところも少なくありませんので、そういうものを利用するといいです。