交通事故時の慰謝料交渉は専門家に

慰謝料

交通事故と慰謝料の関係

日本に住んでいる以上、交通事故と無縁でいることはできません。公共交通機関の整理は進む現在では、車を利用する比率は年々増加しています。ニュースでも取り上げられているとおり、認知症を抱えた高齢者による事故も深刻です。トラブルを避ける工夫だけではなく、巻き込まれたときにも対処できる知恵を、身につけておかなくてはなりません。中でも揉めやすいのが、慰謝料に関する事柄です。

普通、お金に関する交渉は、保険会社の担当者を介して行うことになります。ここでポイントとなるのは、本当に被保険者の利益を守るために仕事をしているかどうかです。熱心に交渉しているように見えて、実は保険金の支払いを抑えることだけに腐心していることも少なくありません。たとえ不誠実な対応が露見したとしても、相手は交通事故示談におけるプロフェッショナルです。

言い負かされて不利な条件を呑まされることが、当たり前に起こり得ます。不十分な慰謝料は、今後の生活設計に重い影響を与えるものです。怪我の治療には当然お金がかかりますから、保険金が支払わなければ、経済的負担がのしかかります。お金がないばかりに、通院を取りやめてしまう事例は跡を絶ちません。それにより後遺症が深刻化して、日常生活に戻れなくなったケースも報告されています。このように、交通事故における慰謝料は、個人にとっても社会にとっても、見過ごせない問題です。

示談交渉を有利に進めるには弁護士

交渉を有利にするためには、自分で対処するよりも、専門家に依頼したほうがスムーズに進みます。とくに交通事故に強い弁護士は、被害者にとっても、加害者になってしまったときも、心強いパートナーです。きちんと法律に基づいた交渉を実施すれば、正式に受け取るべきお金を勝ち取ることもできます。弁護士を入れるのと入れないのとでは、ときとして3倍以上もの差額となって現れることも珍しくありません。依頼する費用を考慮しても、慰謝料で十分カバーして、お釣りが来ます。納得の行く結果がもたらされれば、精神的にも落ち着きますので、回復にも好影響が期待できます。
専門弁護士を抱える法律事務所では、無料相談を受け付けているところも多く、気軽な相談が可能です。もし示談が完結してしまえば、その結果を引っ繰り返すのは、ほぼ不可能となってしまいます。それだけに、事故直後に一報を入れて、迅速な対応を心がけることが、なにより重要です。交通事故に強い弁護士と共に、慰謝料を正しく勝ち取っていきましょう。”