交通事故治療の病院を転院する場合のメリットとデメリット

病院

交通事故と病院

交通事故に遭遇したとしても自賠責保険がありますので、治療費の負担がとても少なくなります。自賠責保険は車やバイクを所有していれば必ず加入する義務がありますから、相手や自分自身が任意保険に加入していなくても安心です。

治療を依頼する病院はどこを利用しても構いません。むちうちや骨折の治療であれば、整形外科に通うケースが多くなってくるでしょう。入院中ではあまり発生しないことですが、通院程度であれば転院を希望したとしても、自賠責保険の慰謝料が支払われなくなることはありません。病院選びは治療を受ける本人の自由です。保険会社に何かいわれたとしても通院を止める必要はありませんので、気にしないようにしましょう。これは整形外科に限らず、整骨院を利用した場合も同様です。

交通事故の転院のメリットとデメリット

転院を選ぶことのメリットですが、自宅や職場から通いやすい場所に移ることができます。交通事故に遭遇した直後はとにかく治療を受けようと事故現場近くの病院に駆け込んだり、救急車で搬送されることがよくあります。ただ、自宅や職場から遠い場所にあると、治療を受けながら遠くまで通院するのが苦痛で精神的なストレスになります。また、交通事故の対応に詳しい医者がいるところを選ぶことにより、適切な診断書を受け取れるようになり、納得いかない等級の後遺障害認定になるリスクを避けやすいというメリットも存在します。

多くのメリットがあるものの、一方で転院がデメリットになるパターンがありますので注意しましょう。質の悪いところに移ってしまうことになれば、以前のところのほうが良かったと後悔する羽目になります。こうなるとストレスが溜まって治療に悪い影響を及ぼしてしまい、回復が遅れがちです。交通事故の診断書でトラブルに発展するのが面倒で、積極的に協力しない医者が存在します。このような医者にあたってしまえば、あまり良い状況で治療ができなくなる恐れがあります。

いきなり転院を決めるのではなく、まずは希望する病院で話を聞いてみることをおすすめします。事故対応にどこまで積極的か、協力的かを調べる判断材料になるからです。信頼できるとわかってから決めると失敗を防ぎやすくなります。協力的で事故対応のことをよく知っている病院であれば、保険会社から治療費の打ち切りを一方的に打診されたとしても、継続治療を続けてくれます。治療の終了は保険会社が判断できる分野ではありません。医者によって判断することになります。