タクシーを相手に事故を起こした時の注意点

タクシー

タクシーと一般車との事故の違い

交通事故の相手がタクシーだった場合、一般の車を相手にした事故とは違う面がいくつかあります。まずは示談交渉の面です。個人タクシーの場合には個人に対して損害賠償などを求めればいいですが、タクシー会社を相手にする場合、結構手ごわいことになります。大小様々な事故をこれまでに多く経験しており、被害者がどのように出てくるかというのはよくわかっています。そして、相手の心理状態というのも認識していて、保険会社と連携しながらできるだけ損をしない形で示談交渉を行うことが可能です。

タクシー側との交渉ではタクシー共済と呼ばれる団体が交渉のテーブルに座り、示談交渉を進めていきます。いわば業界団体の共済組合であり、どちらかといえば身内に甘い傾向にあります。また、毎日多くの車が走っている以上それだけ多くの案件を抱えており、自然と交渉に慣れ、自分側のペースで話を進めようとします。一方、一般人の側は事故を人生で初めて経験したという人が多く、気が動転しやすいというのが現実です。そうなってしまうと相手のペースにハマりやすくなるため、注意が必要です。

タクシー共済はやっかい!

共済側が反論してくるポイントとして、そもそも運転手に過失がなかったという点です。過失がゼロだと言い張れば、賠償金は支払わずに済むというのが狙いです。しかし、一方の過失がゼロというのはもらい事故や重大な過失がない限りはありえないため、冷静に対処することが求められます。強い態度で交渉のテーブルに座られるのは事実であるため、こうした場合は弁護士に任せる他ありません。弁護士に任せることにより、法律面から共済側の主張を退けることができ、納得する形で示談交渉が可能です。

相手が百戦錬磨であることを考慮し、最初から弁護士に依頼するというのも大事です。そして、ドライブレコーダーなどがあり、一部始終が収録されている場合にはそうしたものをすぐに警察などに見せて、被害者の立場にあることを鮮明にすることも必要となります。相手の仲間意識というのは高く、都合の悪いことを隠そうとするケースも過去にはあったことから、毅然とした態度で臨むことも求められます。

一番気を付けなければならないのは、停車中にぶつけられ、こちらの過失がゼロで保険会社が動かず、自分で交渉しなければならない場合です。これでは言いくるめられる可能性が高くなってしまうため、弁護士を呼ぶなどして不利にならないように対処することが必要です。