交通事故被害にあったら、交通事故専門弁護士に相談しよう!

費用

加害者側の保険会社に対抗!交通事故に強い弁護士

交通事故は極めて専門性の高い分野ですので、法律家に頼る場合は、交通事故専門弁護士に依頼することが不可欠となります。

追突事故やもらい事故のような、被害者の過失割合が0の場合、加害者が任意保険に加入していると、被害者の示談交渉相手は任意保険会社の担当者となります。保険会社は、交通事故被害者とのやり取りを日々の業務としているプロですから、被害者が示談交渉で対応するにも、自力で太刀打ちできる相手ではありません。被害者は、人生に一回あるかないかの交通事故の経験ですが、保険会社は、日々相当数の示談交渉をこなしているわけですから、慣れているわけです。

示談交渉に入るまでは、被害者の味方のようにも見える場合がありますが、任意保険会社は、自賠責保険の限度額を超えた額を自社負担することになるため、できるだけ示談金は少なく済ませようとします。示談交渉の場では利害が対立する相手ですから、示談交渉前の段階であっても、接触すべきではありません。やり取りすればするほど、被害者はいつの間にか不利な状況に追い込まれていくのが通例です。

仮に、被害者側にある程度の過失があった場合は、保険会社同士で示談を進めてくれますが、過失割合がどのように決まっていくのか、保険会社任せにせず、チェックが必要です。保険会社同士は、お互いに、「任意保険基準」なる慰謝料を持っていますから、談合してしまうのです。保険会社は、まずは低額の示談金を提示してくるものだと、疑ってかかるほうがよいでしょう。

まずは、交通事故専門弁護士に相談!

よって、交通事故被害に遭ったら、事故直後に専門の弁護士に相談し、さらには依頼し、加害者側に受任通知を出してもらって、被害者自身は加害者側と一切関わらず、治療に専念するのが理想です。任意保険会社の担当者は、被害者個人を相手にしている場合は、被害者が不利になるような方向に誘導しようとしますが、弁護士が相手だと、自分では担当せず、任意保険会社の顧問弁護士に任せます。

顧問は、任意保険会社の利益を最大限にすべく、日々業務に当たっている、それこそプロ中のプロであり、その知識と手腕たるや、当然ながら相当なものです。被害者側が渡り合うためには、同様にプロ中のプロである専門家に依頼することが不可欠です。

国内最難関である司法試験に合格した精鋭ですから、誰もが深い知識を持っているわけですが、裁判や示談交渉の場では、そうした精鋭同士の交渉となりますので、どうしても専門家である必要があります。医者も医師国家試験に通ったときには、すべての科の知識を万遍なく持っているものの、その後は専門に分かれていき、他の科のことは広く浅くということになります。弁護士も同様です。加害者側の態勢を考えると、被害者が依頼するのは、交通事故の幾多の判例や最新の傾向に通じた、専門家であることが求められます。

交通事故に強い弁護士とは、受任している件数が多く、示談交渉の先を見通すことができるため、その場であわてずに適切な対応をしてくれます。

交通事故で重傷の場合は、そうした専門家に依頼するのと、最後まで被害者個人で交渉するのとでは、損害賠償額に数百万円の違いが生じるのは普通のこととなっています。無辜の被害者が、生涯後遺症を背負っていくことになるわけですから、専門家に依頼して、妥当な額の賠償を得るべきです。

特に、後遺障害が残るような大きな事故の場合、後遺障害等級を認定されるかが、おおきな慰謝料増額のポイントとなるため、医学的な知識を持ち合わせている弁護士こそ、交通事故に強い弁護士といえるでしょう。